TIPS

ISPConfig+PHPFpmファイルアップロード最大サイズの変更方法

ISPConfigのサーバーでPHPファイルアップロード上限の変更方法
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
この記事の要約
ISPConfig+Nginx+PHPFpmでファイルアップロード最大サイズの変更方法を解説。

この記事の目次

サーバー環境

今回行ったのは下記のサーバー環境です。

OS Ubuntu 1.6LTS
Webサーバー Nginx 1.1
PHPFpm 7.0
ISPConfig 3.2.1

設定前の値を確認

PHPfpmのファイルアップロードサイズ上限を確認

phpinfo()にて設定前の値を確認します。バーチャルホスト内のwebディレクトリーに下記ファイルを__info.phpのファイル名で作成します。

<?php
phpinfo();
?>

ブラウザーでアクセス
http://ドメイン名/__info.php

phpinfoのページには多くの情報が表示されますが、upload_max_filesizeのキワードで検索します。
2つ値が表示されます。左が、ローカルの設定値、右側がブローバルの設定値です。ローカル設定値は.htaccessでディレクトリー単位で設定を変更する場合にグローバルと設定値が異なりますが、今回はNginxなので.htaccessが利用出来ないので両方とも同じ値になります。

Nginxのファイルアップロードサイズ上限を確認

NginxにはWebから確認する方法が無いので、コマンドラインから確認します。

sudo nginx -T 2>&1 | grep --color client_max_body_size
     client_max_body_size 100M;

バーチャルホスト毎に設定があれば、上記2行目の結果が複数表示されるはずです。

ISPConfigでの設定方法

  1. ISPConfigにログイン後、Sites→バーチャルホストを選択→Optionsタブをクリック
  2. Custom php.ini settings: のテキストボックスに下記の行を追加。(10MBへ変更する例)
    post_max_size = 10M
  3. nginx Directives:のテキストボックスに下記の行を追加
    client_max_body_size 10m

    Nginxのデフォルトファイルアップロード上限サイズは、何と…1MB!
  4. Saveボタンを押して1分間待つ
  5. 再びphpinfoのページへアクセスしてupload_max_filesizeが10Mに変更されている事を確認
  6. __info.phpを忘れずに削除!

 

お問い合わせはこちらから
詳細に関してはフォームからお問い合わせください。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です